1985年3月10日日曜日

WHO DA FUCK IZ MCビル風...!?!?!?

xxxBIOGRAPHYxxx

collage by I$$IE
MCビル風 略歴
 

1985年3月10日埼玉県春日部市(旧庄和町)生まれ。

2003年よりMCビル風と名乗り活動開始。

大学卒業後、地元のレンタルビデオ店にて3年間アルバイトをする(在学中も含めると合計5年間勤務)。早番中番遅番どのシフトもこなせる柔軟性と有象無象の映画に対する深い愛着により、アルバイトとして店内スタッフ間においてもお客様からも高い評価と信頼を得る。遅番で夜中帰宅後発泡酒で晩酌し、夜中2時頃より社割で安くレンタルした箸にも棒にも掛からないような映画を鑑賞。そのレビューを140文字にまとめてツイッターに書いて朝5時就寝、昼過ぎに起きて、バイトまでの時間 近所の河川敷でスケートの練習をするという二つの活動がメインとなる。(この頃書いていた映画の感想ツイートと、その頃の鬱屈した気持ちを表したツイートはvulaciaくんと作成したzine "sacred pledge" で読むことが出来ます。)

永遠に同じことの繰り返しの毎日の中、このままだと未来がないことに大いに不安を感じ、ハローワークに通って就職活動開始。満を持してブラック企業に就職。 朝も夜も平日も休日も関係なく牛馬のように働き、心身ともにズタボロになる。夜中社用車で帰り日高屋のチゲ味噌ラーメンを食べて泥のように眠り、すぐに起きてまた出勤する等、チゲ味噌ラーメンとなんつッ亭のラーメンをたくさん食べる生活をする。駐車違反で切符を切られること多数。違反者講習で受けた動体視力を測定する検査で、奥からこちらに向かって迫ってくるUに驚く。そんな検査の仕方があるのかと。また、営業の一環として、お客さんとの飲み会等でフリースタイルラップを無理矢理披露させられること多数。何度も場を凍りつかせながらもスキルを磨く。

過酷な労働環境の中で何度も無になり、生きる意味がよく分からなくなりつつも生活は続く。そしてあまりにも危うすぎる会社経営が転じて警察沙汰になったのをきっかけとして、2013年12月退職。

2014年を職探しとともに始め、2か月の就職活動を経てついにまともな会社に就職。しかし狂った社長とかいない、クリーンかつダラけたしまりのない毎日の業務と、 オールドスクールなサラリーマン世界の年功序列、体育会系の縦社会によって精神を蝕まれ、どんどん変になっていく。

すごく変になり過ぎて業務に支障を来すレベルになったとき、上司より自主退職を勧められる。ショックを受けつつも、ここにはこれ以上いられないと思い、退職を申し出る。
 

NODJ 1MCスタイルでステージに上がり、セルフプロデューストラックの上で、ユーウツとかWACKな気持ちを振り払うようにライムをスピット。他愛無いこと何でもないこととかモロモロを表現しようと活動中。

また、ジャンルを問わず、常にFRESHな表現をし続けている、最高にカッコよく、リスペクトしている人たちをゲストに招き、隔月でHOMEWORKというパーティーを主催。また、未知なる可能性にBETし、お互い切磋琢磨しつつ新たにFRESHな交流が生まれるようなパーティーを…ということでサイファーありのパーティーCAR SOCIETYも主催。両パーティーとも、南池袋ミュージックオルグを拠点に開催してきたが、2014年内で惜しくも閉店することが決定したため、今後は場所を変えて開催していくことになるであろう。

2014年9月7日…ついにMCビル風の1st albumがリリース!下北沢THREEにて豪華ゲストを招いてリリースパーティーを開催しました!ありがとうございました!

2014年…I against Iのストラグルはstill継続中。職探し中。

2016年…何とか今までのうんこの煮付けみたいな会社に比べると遥かに素晴らしい会社に就職し人生が良い感じに転がっていたと思われた矢先、自らの愚かさのために再び単身人生の荒波に漕ぎ出すライカ何の準備も経験もなく突然挑戦するパルクールライカ投身自殺……今の時代海図のない海を航海しているようなものだからね (金言 by @claustroman)

2017年…会社員として生活しながら鬱と闘病中。ほんとつらい。スケボーを一生懸命練習中。最近ミニランプで一生懸命滑っている。インターフェイキーテールタップは何とか安定してきたので次はアクスルストールですね。インバートは夢のトリック。いつかできるようになりたいなあ。


///////////////////////

xxxDISCOGRAPHYxxx


1st album "HOMEWORK" (CDR)
2014年9月7日 ON STREET JPY¥500

1. Teenage Twilight Zone
2. MCビル風のテーマ
3. 首なしライダー
4. We're All Nuts in Summer
5. 君はどの星から来たの
6. Animal Chin
7. Panic at the Titanic
8. Pepsi Twist and Shout Out Loud
9. Peyoung Time Young Gunz

all tracks made by MCビル風
produced by hikaru yamada(librarians), makoto sagayama(carpool), run uchida
recorded and mixed by hikaru yamada and makoto sagayama at Kashiwa and Hatagaya, 2012 & 2014
mastered by hikaru yamada
designed by vulacia
photo by run uchida


【解説】活動初期からライブでやり続けてきた曲たちをようやくRECしてコンパイルしたアルバム。曲自体は学生時代~フリーター期に出来ていたもの。リリックの内容はやるせない気持ち、うまくいかない日常、ティーンエイジャー特有のしょうもなくもはかない名前の付けられない感情、及びその時期に影響を与えられたカルチャーたち、そういったもの全てに捧げる鎮魂歌。アルバム特設ページはこちら

全曲フル試聴はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



※2014年12月現在、Lilmag様("HOMEWORK"商品ページはこちら)、JETSET様("HOMEWORK"商品ページはこちら、京都店、下北沢店各店頭)、南池袋ミュージック・オルグ様店頭、武蔵小山AM-A-LAB様店頭にてご購入頂けます。

///////////////////////



SACRED PLEDGE vol.1 (zine)
2013年6月 ON STREET JPY¥400


【解説】1st album"HOMEWORK"のジャケットデザインやイベント"HOMEWORK"のフライヤーデザインを手掛けるvulaciaと共同で制作したzine。ビル風パートは自身のツイッターのログから、2010年3月~12月の間につぶやいた映画とか音楽とかの感想ツイ~トをピックアップし、脚注を加えて掲載。その他、描き下ろしまんが『B-BOYくん』と、レンズ付きフィルムa.k.a.写ルンですで撮りためた写真を何点か掲載。vulaciaパートは、とてもいかしたドローイングの数々(カラー作品もアリ)と、2010年(奇しくもビル風ツイート抜粋の時期と被ってる)の頃のJOBLESS DIARYを掲載。在庫僅少。

※新宿のDIYカルチャーショップ、Irregular Rythm Asylumでも購入可能です。商品ページはこちら



///////////////////////

xxx客演等xxx


おひたしアナル&コイタマ "ACID ANAL EP"
2014年8月3日 ON STREET / FREE DOWNLOAD FROM HERE.

01 Drug 'n' Bass Feat. 森光光子 (Prod By 音墨)
02 ESP (Prod By Psychic Gangsta)
03 Drop Dead (Prod By yung new sweatshirt)
04 Space Pimp Feat. MCビル風 (Prod By omega)
05 Ever Forever Never Better (Prod By KOITAMA)
06 [Bonus Track] Internet (Prod By KOITAMA)



【解説】バクバクドキンのPVを手掛け、アシッッドなコラージュ作品やTeeシャツ等を制作するクリエイター、おひたしアナルさんと、フィジカル/データ/古今東西問わず世界中のグッドミュージックのハーコーディガーであり、トラックメイカー、ラッパーであるKOITAMAさんがタッグを組んでリリースしたポップかつドープかつサグなEPに一曲客演で参加しました。"Space Pimp"という曲なので、Sci-Fiフレイバー溢れるワードを沢山詰め込んだリリックが聴きどころです。

全曲試聴&FREE DL
↓↓↓↓↓↓↓↓


///////////////////////

ライブのブッキングや商品通販希望の方は、mcbirukaze@gmail.comまでお気軽にお問合せ下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿