2016年8月31日水曜日

地下70m以深に10万年埋設 廃炉廃棄物の処分基準案

地下70m以深に10万年埋設 廃炉廃棄物の処分基準案

 原子力規制委員会は31日、定例会合を開き、原発の廃炉で出る放射性廃棄物のうち、制御棒など放射性物質濃度が高い廃棄物の処分基準の原案を了承した。放射性物質の影響が減少する10万年後まで、地下70メートルより深い所への埋設を求めるのが柱。原案を踏まえ、基準の骨子を来春まとめる。
 更田豊志委員は「いくつかの原発で廃炉が進みつつあり、先延ばしできる話ではない」と述べ、処分基準などの策定を早急に進める必要があるとの認識を示した。
 原案では、埋設から300~400年は放射性物質の漏えい監視を事業者に要求。
(共同)

-----------------------------

上の文章は東京新聞のウェブサイトからのコピペですが人間の生きられるスパンを遥かに超えた想像もつかないような長い時間をかけないとどうにもならないものって明らかに人間の手に負えないものでしょう。今から10万年前って現代人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出て世界各地に拡がったくらいのころだそうですよ。(参照: ウィキペディア

金玉

2016年8月30日

会社へ行き働き、帰宅してご飯を食べて寝た。低気圧のせいか分からないが身体がおかしい。

弁当

今朝弁当を用意したのに間違えて弁当ではなくヘルメットを持ってきてしまった

2016年8月30日火曜日

果物うまい

うまいし栄養もあるしすごい

やはり

平日もダルい!以上

2016年8月29日

飲酒からの気絶からの月曜朝のドタバタシャワー浴び~の劇場は何回やってもつらい。分かっちゃいるけど日曜夜に穏やかでいられればこんな風にはならないわけで。しかも外は雨が降っている。キャロル・キングの曲の “Rainy days and Mondays always get me down~♪” というフレーズが頭を行き来するシャワー浴びてる間に。バナナとヨーグルトを飲み込みドタバタ家を飛び出し駅まで走りいつもより一本早い電車になんとか滑り込む。月曜朝は事務所を掃除しないといけないのでいつもより早く行く必要があるのです。トイレを掃除した後集中して仕事をする。昼食は胃が終わっているため中華料理以外がいいな……と思いテイクアウト寿司。オーソドックスなネタ10カン入り20%引きで¥560。公園で蚊に刺されまくりながら寿司を食べる。昼食にささやかながらパック寿司を食べるのは何だか心が少しだけ豊かになる気がして良い。朝の雨が嘘のように日中晴れたが夕方からヤバい感じの雲が垂れ込めてきて夜また雨。無とともに仕事をし20:20退勤。スーパーに寄り帰宅。土日終わっていたので終わっているままの台所を食器洗ったりやりくりしながらスペースを作りなめこの味噌汁と肉じゃが作る。鍋が一つしかないので味噌汁を鍋で作り肉じゃがをフライパンで作るがフライパンにはフタがないため火が通るのが遅く、作るのに時間が掛かってしまう。結果的に無味の肉じゃがが完成し夕飯。食後食器を洗い台所をきれいにし風呂に入り日記を書き寝る。

平日と休日 2

休日は「何かをしてもいいし、何もしなくてもいい」日なので、一日何もできずに延々と横になっていたとしても自分を責めたり落ちん込んだりする必要はないのだし堂々としていればいいのだ。ここの考え方を直した方がいい。私のメンターが「一日にあれもこれもやろうなどと思わず、何か一つでもできたら上出来だと思うようにしなさい」と言っていたのを思い出した。欲張ってはいけないし変に無理をしてもいけないのだ。普通に成り行きに任せて何かができたりできなかったりすればそれでいいのではないだろうか。

平日と休日

やはりどう考えても自分にとって休日より平日の方が圧倒的に気分が楽なので、休日をもう少しうまく過ごせるようになれば大分色々良くなるのではないだろうか。平日はどんなにダルかろうと憂鬱だろうと朝決まった時間に起き決まった時間に会社へ行き夜まで働く。それはやはりそうしなくてはいけないと身体で理解しているからなんだけど(でも必ずしもそうしなくてはいけないという訳ではないんだけど、やはり責任を与えられておりやらなくてはならない仕事がある限りはそれをきちんとやるために決まった時間に会社へ行き働かなくてはならない)、平日は帰宅する時間も遅いしそれからご飯を作ったり何だり色々大変なのだが不思議と休日よりもテキパキと手を動かすことができるのである。何故休日はこんなに絶えず気が滅入っており最低限やらなければならない家の掃除なども放っておいて横になっていることしかできないのかと考えると、休みの日ならではの「別にそれをやってもいいし、やらなくてもいい」という自由度の高さゆえにすぐに取り組まず横になってしまうということなのではないだろうか。これは家事とかそれだけの話ではなく、シャワーを浴びたり、出掛けたり、スケートしに行ったり、全部「それをやってもいいし、別にやらなくてもいい」という風になると、疲れているし、ぐったりしていようとなりただ横になったり酒を飲んだりする。別にそれで心底リラックスして極楽極楽、何もしなくていいって最高、そう思えているのなら全く問題はないのだが頭にもやが掛かったようになり心も身体も鉛のようになりながらただ横たわっているだけというのはあまりにも不健全だ。ということは平日毎朝起きて何やかんや乗らなければならない電車に乗り込み決まった時間に出社することができているのならば、休日にも毎朝決まった時間に決まったことをするようにすればいいのではないだろうか。今日思い付いたのは休日午前中に起きてスケートボードを持ってスケートパークへ行くことである。これが習慣になれば休みの日に朝から身体を動かすことにより頭のもやとは無縁のすがすがしい一日を過ごせるようになるかもしれない。それにスケートもうまくなる。これはいいことづくめかもしれない。ここで気をつけなければならないのは「~しなければならない」とか「~するべきだ」とかいう考え方をベースにしないほうがいいということと、ちょっとでも面倒くさいと思うと休日ならではの「してもしなくてもいい、ならしなくていいか……」と横になってしまうので、その考えが頭をもたげてくるよりも先に習慣として朝食を食べ支度を済ませすぐに家を出てスケートパークへ向かえばいいのかもしれない。早速今週末から試してみようと思うが、休日午前中から元気に動くには平日あまり夜更かしし過ぎずそれなりに規則正しい生活をすることが大事だ。できる範囲でやればいいこととは思うが今は週末が遠いので自分の体調と頭の調子と相談しながら進めてみようと思う。

2016年8月29日月曜日

2016年8月28日

大分涼しくなっており夏が終わりかかっていることを実感。川崎市民ミュージアムでやっている『動くな、死ね、甦れ!』を観に行きたいと思っていたが上映開始に間に合いそうにないので諦める。雨が降りはじめない内に駅から少し行ったところにある公園のスポットでスケートをしに行こうかとも思ったが、気分が優れないので日中ずっとベッドに横になっている。家の掃除をしなくてはと思うも横になったまま何時間も過ぎていく。夜になり掃除をするのを諦め街へ出る。外はしとしとと雨が降っており涼しい。公共料金の支払いを済ませ、グレープフルーツを食べきってしまったため果物屋へ行くと日曜の夜だが店は開いており雨の降りしきる中店主はカウンターでうなだれていた。グレープフルーツ5個入り¥200は無かったが、代わりにオレンジ5個入り¥200というのがあったので購入。メインストリートを歩いていきユニオンへ。別段欲しいものも無いがセールをやっていたので30分の間でめぼしいものをpick upし購入。中古3枚以上購入で¥926以下の商品全品半額(ピンク色の値札は除く)というのやばいでしょう。安すぎる。欲しいものがなくても何か良いものがないかな?と思い他に行くところもないのでユニオンにふらふらと向かってしまう様は、人間としての意識をなくした後もショッピングモールへと集まるゾンビたちを思い出させる。Snuff(イギリスの伝説的メロディックパンクバンド。日本でかなり人気がある)の最初の12インチを何故かこのタイミングで購入。セール割引適用で¥216。紛れもない名盤だしジャケも最高。後はしょぼいアーリーダンスホールレゲエのレコードも最近見かける度に買っている……のんきさとメロウネスが丁度いい塩梅なので。その他ブラジルの奇才マルコス・ヴァーリの初期作のアナログも半額の対象だったので2枚購入。リプロ盤だけど……。何でこんなことしてるのかよく分からないがそれなりの量を購入し¥3200くらい。多少の気晴らしにはなった。続いて本屋へ行き岩波新書から出ているボブディランの本 湯浅学著と岩波文庫から出ているシモーヌ・ヴェイユの本2冊購入。続いて元気を出そうとこないだも行ったチープなステーキ屋へ。店内へ入ると入れ墨の入った屈強な悪羅悪羅系の若い衆しかおらず、やはり血の気の多い奴らは血の気の多いものを日頃食べているのだなと実感。ステーキ400gとサラダと生ビール頼む。これで¥2084なので相当安い。無心にステーキを食べ進めるがいかんせん食べるスピードが遅いので食べてるそばから冷めていってしまう。400gは多すぎるかも。あと安い肉なので赤身の部分はいいけど脂の部分はめちゃ質が悪く食べてて気持ち悪くなっちゃった。全て完食し店の外へ出たらさしてきたビニール傘が盗まれていた。来たときは普通の傘が1本あっただけなので間違えて持って行かれたとは考えにくい。気が滅入る。家に帰り酒を飲み本を読んでいたらいつの間にか気絶していた。

2016年8月28日日曜日

心境

「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ」

2016年8月27日

今日は兄の結婚式に出席した。

2016年8月27日土曜日

金玉

金玉
生きていても面白くも何ともないしつらくて疲れることしかないのだけどこれは病気のせいかもしれないので病気が治れば面白おかしく暮らせるのかもしれない。薬の説明に「意欲を回復する薬」と書いてあり初めて処方してもらったときは驚いたものである。最後に元気いっぱいに暮らしていたのがいつだったのか全く分からない。とにかくつらくとも何も面白くなくとも人に迷惑を掛けず、間違ったことをせずに正しく暮らしていくしかない。

うんこの盛り合わせ

またしても病院間に合わず薬もらえず地獄

ねりけし

お腹がすいたからといってコンビニでねりけしを買ってパクパク食べてめちゃくちゃ不味くてゲロ吐きそうになるという悪夢を見て最悪だった

2016年8月26日

気絶からの朝シャワーの流れはせわしないし胃腸は終わっているしで非常にろくな物ではない。バナナとヨーグルトというミニマルな朝食をすませ出勤。昼食は福しんで手もみラーメンB定食セット¥630。B定食セットというのはいわゆる半チャーハンセットである。福しんのラーメン初めて食べたが素朴な味で良い。添えられたかいわれ大根が利いている。チャーハンは普通。福しんはツイッターの公式アカウントがくそつまらなくてあまり良い印象を持っていなかったのだがお店で働いている人たちとは関係ないしネットで福しんについて調べたら従業員に対して懐の深い経営方針だったりして労働環境はなかなか良い優良企業みたいだ。ならばなおさらあの訳の分からない公式ツイッターアカウントを何とかした方が良いと思うけどまあ関係のない話です。もっと色々食べてみよう。午後もひたすら働く。働いているな。変なの。やってもやってもいくらでもやることがあるので疲れる。20時半退勤。お盆休みが明けて初めて一週間フルで働いたので非常に疲れた。帰宅して酒飲み豆腐とカップめんとグレープフルーツ、ヨーグルト食べて気絶。3時すぎ目が覚めたのでまた酒を飲み日記を書く。

SKATEBOARDING IS NOT FOR ME

Santa Cruzというカリフォルニアのスケートブランドから出てたスケートデッキのグラフィックで “SKATEBOARDING IS NOT A CRIME” というメッセージがデカくプリントされたものがあった。スケートボードは犯罪じゃないぜ!という熱いメッセージが込められているんだけども、FOUNDATIONという僕のめちゃ好きな同じくカリフォルニアのスケートブランドがそのパンチラインをもじって “SKATEBOARDING IS NOT FOR ME” というメッセージが全面にプリントされたデッキを出していたことがあった。スケートボードはおれの為のものじゃない。おれには関係ない。ユーモアにせよ随分いじけた自嘲的な考え方だと思うが、しかし自分も自分の好きなものに対しては常にこの考え方である。SKATEBOARDING IS NOT FOR ME、HIPHOP IS NOT FOR ME、人生 IS NOT FOR ME。自分の憧れた世界に対してあまりにも遠くしょぼすぎる自分。そんな現実に対して「でもやるんだよ!」の精神で自分の好きなもの/ことに対して自分なりにコミットしてきたしこれからもそうしていきたいと思っている。だんだん暑さも和らぎ涼しくなってくると思うのでこれからガンガンスケートしまくろうと思う。スケボーでピョンと手すりに飛び乗ってガリガリできるようになるまでは絶対にやめない。では人生に対してはどうコミットしていけばいいのでしょうね、ちっとも分からないな

最近

タトゥー入れたいとよく思う

2016年8月25日

昨夜久しぶりにフッドのパン屋さんへ閉店前にたどり着けたので食パンとタイムセールになっていたメンチカツパンを買っていたのでそれらを朝食に食べる。さらにベーコンエッグも焼きグレープフルーツバナナヨーグルトも食べるという贅沢な朝食。さらには起き抜け良い天気だったため洗濯機も回す。猛ダッシュで干し家を飛び出し出勤。午前中働き昼過ぎから社長に来客あり。社内に社長と自分一人しかいないので電話番をしなければならず電話番をしながら仕事をする。お客さんが帰ったのが15:30、それからようやく昼食。今日は弁当。近所の公園で弁当をつかっていたら近くの保育園のちびっ子たちが先生に連れられて公園にやってきた。小さいのがたくさんワーワー行って公園を駆け回っておりニコニコが止まらない。中には弁当を食べているこちらの顔を覗き込んでニコニコするちびっ子もいてさらにニコニコする。しかし狭い公園で駆け回るちびっ子の邪魔になると思いサッと食べ終えて公園を後にする。会社に戻り働く。来客のせいで社長は無になってしまったらしくかなり苛ついているようだ。そろそろ良い時間になったころに社長から今日は飲んで帰ろうと言われ仕事後社長と二人でチャイニーズレストランへ。社長の無の話を聴いているうちにこちらの無が加速してしまう。焼酎がジョッキの9割なみなみと注がれた最高にコストパフォーマンスの良いウーロンハイを飲み社長のありがたい話を拝聴し22時半くらいに解散。無が加速して最高にささくれ立った気持ちになり激生きていても面白くも何ともない状態に。無の酒を飲んだ後はどれだけ酔っぱらっていても自分の酒を飲み直したくなるのでルービー買って帰宅。でん六豆の海鮮味とかいう難易度高めのつまみを買って帰り無になりながら飲む。スイッチが切れたように布団に転がり気絶。引っ越しの日なのに自分は現場におらずサボりまくるという非常に据わりの悪い悪夢を見て寝たり起きたりよく分からない。つらいね。

2016年8月25日木曜日

20016年8月24日

気絶してしまったので朝余裕なくバタバタ。米とおかずあるも弁当箱に詰める余裕なく家を飛び出し駅までフルプッシュ&駅の階段一段とばし猛ダッシュで何とか電車に間に合う。とても疲れている。仕事は別にそんなに言うほど大変ではないが、とにかくひたすら疲れている。永遠に休みたい。とにかく疲れてしまった。昼は今まで行ったことのないチャイニーズレストランへ行く。麻婆豆腐定食をオーダーしたのだが最近気づいたのだが私は麻婆豆腐が好きですね。味も店によって違うので面白い。店のテレビで若手俳優が起こした女性暴行事件のことがやっていて気が滅入る。性犯罪者は一律生殖器を切り落としてソーセージとミートボール2つのこじゃれた料理として自分の性器を無理やり食べさせた方が良い。それも自分より力のあるものに無理やり襲われる恐怖を味わうために複数人の屈強な処刑人達の手により午後も無になり仕事。何も手につかない。何度も泣きたいような気持ちになるが理由は分からないしどうしたらいいのかも分からない。とにかく疲れてしまった。帰宅後ご飯の残り物温めて食べ風呂に入り寝る。
泣くほど美しい瞬間を何度か人生の中で過ごしたことがあればそれはそれでもう満足で、頭の中に吹く風の中でその瞬間を思い出しては泣きそうになっていればいいのである。明日は慶応大学の病院で脳をいじって感情を無くす手術をしてきます

金玉のためのソナタ

生きていても全く面白くも何ともないけど生きているな

イヒヒ……

アヘアヘ

アア~~~ッ

金玉

2016年8月24日水曜日

time

牛乳とヨーグルトを買いに行こうと思ってから90分が経過した

2016年8月23日

朝ベーコンエッグを作る時間がある日はきちんと前日の夜寝る前に風呂に入っており朝の仕度に余裕がある日である。焼いた食パンにベーコンエッグを乗せバナナグレープフルーツヨーグルトも食べて非常に健康的な朝食で気分も良いがここ最近天気が不安定なので洗濯物がたまってしまっているので良くない。昼食は作ったおかずを詰めた弁当を公園で食べる。よく見たらベンチの周辺に相当な数の蝉が死んでおりさながら蝉塚の様相を呈している。R.I.P.。食後会社の近所の本屋に初めて入ったがちゃんと店員さんの売り場作りに対する意識がビンビンに感じられる良い感じの本のラインナップだったので大変好感を持った。今後サポートすることを決意。午後無になりながら仕事をしていると大好きな友人より「こないだの旅行のおみやげを渡すので会いましょう」という旨のメールがきて是非そうしましょうということになりました。しかし夕方遅い時間になって社長が会社に戻ってきたためそこから何やかんや仕事がかさばってしまい20:30退勤。SIN CITY渋谷で待ち合わせ。友人二人と合流し三人でフスiDファイナリストを輩出したことで話題沸騰中のてんやへ行く。てんやは中学生の時に模試の帰りに友達と初めて食べて、こんなにうまいものがあったのかといたく感動したのを良く覚えている。最近は生活圏内にてんやがなかったので縁遠くなってしまっていたがフスiDの記事を読んで以来とても行きたかったのでいい機会であった。久しぶりに来たてんやはメニューがとても充実していてビールも安いし日本酒もワインもありおつまみの種類も豊富で、何より店内に殺伐とした雰囲気がなく居心地がいいのがとても良かった。フスiDファイナリストの小うどんセットを頼んでニコニコしながら食べる友達を見てこちらもニコニコする。一方こちらは疲れて何だか食欲がないのでビールを飲みつつほうれん草のおひたしなどをつまみ二人が話すのをニコニコ聞いていた。二人がとても早いペースで話すのでどのタイミングで話に入っていいのか分からず黙ってニコニコすることが多くなってしまう。縄飛びでお入んなさいと言われても上下に回転する縄を目で追ったまま往生してしまう様を思い出す。人の話を遮ってどんどん自分の話したいことを喋り出してしまう下品な人もいるが、この二人は全然そんなことはなくちゃんとお互いの話を聞いた上で矢継ぎ早にかつスムースに会話を繋いでいくのでさながら息ぴったりのDJ同士のback2backかと思った。その後もう一杯飲み直しということで穴場的な安くて美味しいピザ屋へ連れて行ってもらう。安くて美味しいピザと変わった面白い美味しいビールがありとても気に入ったのでまたゆっくり来たい。ということでお土産ももらえて平日の夜に友達と遊べて良かった。一人は自分と家の方角が一緒なので同じバスに乗り帰る。このままバス乗ってれば○○駅まで着くからそこから歩きかな!とか行って先に降りた友達を見送りそのままバスに乗っていたら全然駅にたどり着く前に途中で道を曲がって終点であるバスの停車場に止まってしまった。しょうがないのでそこから歩いて帰る。疲れてしまう……しかし家に帰ったら酒を飲み直したりしてしまい訳が分からなくなってしまい布団に倒れて気絶してしまった。「やばい!ジーパン履いたまま布団で気絶して寝てしまった!」と思ったらジャージに履き替えて寝ていて驚いた。でも電気とエアコンつけっぱなしで寒くて泣いちゃった。

2016年8月23日火曜日

ブログとツイッターの違い

標題の有無

2016年8月22日

うまい具合に午前休になるようなタイミングで台風来てくれよ頼むよ!という願いもむなしくちょうど出勤してから暴風雨がどんどん激しくなっていった月曜日の朝は3つやって来た台風のうちのひとつ?が関東に直撃した日であった。めちゃくちゃな暴風雨の中好きな中華料理屋へ駆け込み麻婆豆腐丼というのを頼んだらとても美味しかったので良かった。この日はダイナソーJrの一夜限りの単独公演があるということで、既にチケットソールドアウトの案内はずいぶん前から出ていたが台風の影響?で当日券が出るかもしれないし、仕事をテキパキ片付けてリキッドルームへ行ってみようと思ったのだがそんなにうまくは行かず20時半退勤だったのでダイナソーは諦めた。土曜日に観たしいいのだと自分に言い聞かす。会社の外へ出たら雨はすっかり上がっており涼しい。夏終わったのか。R.I.P.。帰りにスーパーに寄り豚肉長ねぎピーマンなす小松菜納豆牛乳購入。買った食材を用いてなすとピーマンと豚肉の味噌炒めを作り小松菜ドガチャガ味噌汁も作る。肉が固くなってしまったね。風呂に入り食器を洗い流しがきれいだ。そして今ならいけると思い長いことソファーの上に山積みになっていた洗濯物を畳んでいく。数週間ぶりにソファーの上が片付き人間が座るというソファー本来の役割を達成できるようになったので良かった。達成感とともに寝床につき携帯で日記を書く。後半眠すぎてほとんど寝ながら書いたので我ながらよく寝ながら書けたものだと思う。

2016年8月21日

幕張メッセから朝帰ってきて風呂に入り8時に寝て11時半くらいに起きまた幕張を目指す。辛すぎる。ずっと横になる生活を続けていたのが急に昨夜のライブで縦になり暴れまわったものだから全身がバキバキで首もムチ打ちみたいになっているような気がする。電車乗り換えのときにパン屋でひれかつサンドとカレーパン買う。最近になって気づいたのだがどうも私はかつサンドが好きです。アウー、月見りゃつい吠えてしまう。かつサンド見たらつい買ってしまう。もちろん至高は肉の万世の万かつサンドであの甘辛いソースが衣に染みたかつを挟みこむ厚すぎず絶妙な薄さのふわふわの食パン。ああ食べたい。幕張まで遠いので行きの道中昨日の日記を書く。幕張に着き再び兄と合流しコンビニビアで乾杯。今日はグワーと晴れてとても暑い。コンビニビアは冷蔵庫が調子悪いのか商品が売れすぎて冷える暇もないのか分からないがとてもぬるい。しかし贅沢は言うまい。ビア飲み干しメッセに入場。メッセの一番でかいステージでやっているMayer Hawthornを観る。軽妙洒脱なlate70s~80sのディスコ/ブギー/ファンクを下敷きにした豊かな音楽に心が軽くなり、ニコニコしながら踊る。こういう豊かな音楽を聴いてニコニコしながら踊る人が好きだな。外でビア飲みぐだついていたせいで数曲しか観られなかったがそれでも大満足のステージであった。その後はご飯を食べたりCASHMERE CATをちょっと観たりして、CASHMERE CATは慎ましく誠実でかつ切実な音楽だと思った。今の時代に真面目にポップミュージックをやるとどうしてもこうなってしまう。いつかのフジロックで初めてvampire weekend観てその慎ましさ誠実さ切実さ溢れる佇まいにすごく感動したことを思い出した。そしてメッセを後にしマリンスタジアムの方へ向かう。移動中は常に酒を買って飲みながら歩いている。どれだけ酒を飲み続けられるかみたいなところがある。千葉マリン着。とても暑く、とても人が多い。兄はイエモンをちょっと観ていたが自分は兄の代わりに一枚余ってしまっているチケットをほしい人に売るため駅の方まで歩いて戻っていく。スタジアム周辺にチケット譲って下さいの紙を掲げた人がちらほらいるんじゃないかと思ってたけど全然いなかったので。無事余っていたチケットを必要な人に売ることに成功して会場へ戻る。ガーデンステージといういつからできたのか知らないがマリンスタジアムの奥の方に広がる牧草地帯?みたいなところ。オッドフューチャー一味とも関わりの深いBADBADNOTGOOD(悪い悪い良くない)というバンドが観たかったので。空も段々夕暮れ模様へと変わっていく中、ステージではベース・ドラム・エレピ・サックスという編成の若者四人が。ノラジョーンズの激ゆるカバーからなし崩し的に始まったライブはジャズをベースに色んなポップミュージックをなめた感じでカバーしていくというスタイルだった。曲が終わる度に四人がそれぞれかけているサングラスをお互いに回してかけかえていくのが全く無意味で笑ってしまった。演奏は荒削りだけどカバーセンスが面白く、また人を食った感じのなめた感じは良いねと思ったがいかんせん激ユルカバーの途中に挟まれるインプロパート、そしてそれを順々にやっていくというゆるい内容に、観ていて疲れてしまった。まあこんなもんかな……という感じ。疲れた。具無しカレーを食べマリンスタジアムへ移動。体力の限界。メインステージである千葉マリンスタジアムではサカナクションが演奏中で、彼らのファンの人たちと次に出演する大トリのレディオヘッドを待つ人たちで大変な混雑をしていた。アリーナで観るのは体力的にきついのでスタンド席で座って観ることに。ちょうどステージを真正面に臨む音響的には良いが視覚的にはステージとの間に設置されたPAブースのテントが完全に視界を遮るためステージの様子が全く分からない。でもマリンスタジアムはオーロラビジョンがあるからいいのである。酒を飲み過ぎて脱水気味だったため売店で烏龍茶を買ったのだがウーロンハイが来てしまったのでさらに飲酒。ついにレディオヘッドが始まった。レディオヘッドは自分はそんなに思い入れがないのだがアルバム5枚目くらいまではリアルタイムで聴いていたし、何だかすごいバンドだという印象は変わらない。ストイックなステージが続いていく。酒飲むと眠くなる。疲れもありレディオヘッド中何度も気絶してしった。そして本編が終わりアンコールでクラッシックのCreepをやり、イントロが鳴った瞬間スタジアム中からワーーー!と大歓声が上がるのを感動的な光景だと思って眺める。おれは虫けら。それにキモ太郎。おれが特別だったら。おれがくそスペシャルなひとかどの人物だったらなあ。そういう歌詞の曲。レディオヘッド終わり花火が上がりサマーソニック終了。帰りもめちゃ人が多く大変。身体がとにかくしんどい。電車を乗り継ぎフッドへと帰り着く。駅前の富士そばでかき揚げそばとビール。そしてそこから家へ帰る前に台風の強い雨に降られて泣きながら帰る。帰宅後無。身体は限界だったがなんとか風呂に入って布団に潜ることができたので良かった。

2016年8月22日月曜日

金玉

金玉

ツイッター

一瞬の心の機微をリアルタイムでアウトプットするにはブログのようなまだるっこしいツールでは適さない。やはりツイッターは人類史上でもかなり素晴らしい発明であった。ちなみに人類史上最悪の発明は核兵器、原発、クレジットカードのリボ払いなど。

サラリーマン

かなり台風直撃してる日にめっちゃ電車乗ってるサラリーマンを見ると サラリーマンピョッピョッ と思う

乳酸菌

毎日ヨーグルト食べてビオフェルミンを飲んで腸内環境を整えることに挑戦。胃腸が良くなれば元気になれるかも。

日曜日の夜

どんなにつらく面倒でも日曜の夜は何としてでも風呂に入ってから寝た方が良い。月曜の朝余裕ができて楽。

風呂

どんなに終わっている気分のときでも風呂入るとさっぱりしてちょっと元気になるのですごい。同様にご飯食べると元気出るしそれが美味しいものならなお元気出るしニコニコする。睡眠もしかり。このまま行くとちょっとまずいな、調子崩しそうだな、と思ったら美味しいものを食べて風呂に入ってぐっすり眠ると良いっぽい。それが実際にできるかどうかは別の話だが。

つらい

つらい

2016年8月21日日曜日

2016年8月20日

明け方悪夢を見て起きる。外がどんよりとしており雨もドシャメシャに降っている。低気圧がビンビンで重くのし掛かってくる。数時間後佐川の人が荷物を届けに来てくれて起床。このすごい雨の中荷物を届けて下すってどうもありがとうございます。ここからまた寝るのは微妙な感じなので朝ご飯を食べることにする。こないだ買ったグレープフルーツがかなり良い。元気になれそうな気がする。果物をなるべくたくさん食べたいものだと思う。めちゃめちゃに降っている雨を見て、昨日晴れてるうちに洗濯できて良かったと思う。こんなにド豪雨が降っている日なら出掛けられないし堂々と家にいられるので気が楽。ベッドに転がり本を読んでいたら眠気を覚えて寝る。15時過ぎ目が覚める。残り物のご飯を温めて食べ、食後にグレープフルーツ。ベッドに転がり本を読んでいたら眠気を覚えて寝る。低気圧が身体をベッドにぎゅうと抑えつけてくるかのようだ。頭も身体もひたすら重い。普段まとまった時間寝続けるということがないので眠れるときに寝ておく。20時頃目が覚める。トイレットペーパーがもうじき切れてしまうので顔を洗い、着替えて外へ出る。雨は上がっているようだ。遠くから祭り囃が聞こえてくるので、フッドの神社のお祭りだと思った。ドラッグストアへ向かう道すがら神社の前を通ると老若男女で賑わっている。駅前の方まで来ると今度は御神輿が練り歩いていました。用事をすませて神社へ戻る。賑わっているがごちゃごちゃしている訳ではなく、チルな雰囲気が素晴らしい。フッドのお祭りというのは良いバイブスがたくさんもらえるので好きだ。神社のステージで着物を着たおばちゃんが爆音で流れるカセットテープの伴奏に合わせて日本舞踊を舞っていた。日頃の練習の成果をフッドのお祭りで披露する。家族友人一同ビールを飲みながら応援する。とても良いと思う。ビールを一杯飲んで神社でお参りして帰る。ビール飲んだら一杯でメロメロになってしまった。帰ってシャワーを浴びて、サマーソニックの夜中やるHostessなんとかへダイナソーJrを観に出掛ける。兄がどうしてもレディオヘッドが観たいというのでサマーソニック二日目に付き合いで一緒に行くことにして、どうやら一日券で土曜夜中にやるやつも観られるということで、せっかくダイナソーが観られるなら行きましょうということで行きました。今の自分の状態でそんなとこ行って夜通し幕張メッセに缶詰めになって大丈夫かな?と思うも出たとこ勝負で海浜幕張へ向かう。現地で兄と合流しビアで乾杯。サマーソニックの夜中やるやつは何年か前にも来たことがあって、その時はPAVEMENT再結成ATARI TEENAGE RIOT再結成という二組ともなぜ今?というよく分からないタイミングのことだった。その時は昼間のサマーソニック1日目をtoxic memorialsギターボーカルのK-5 multi dimensionalくんと二人で遊びに行き、千葉マリンスタジアムでの栄ちゃんのライブに感動したり、栄ちゃんの次がNASのバンドセットというめちゃくちゃな並びに困惑した覚えがある。何であの時PAVEMENT再結成したの?全く覚えてない。その後も継続して何かやったみたいな話も聞かないし。夢みたいだ。その夜のPAVEMENT、“Shady Lane” をやってくれて、ゆらゆら揺れながらボロボロ泣いてしまったことを覚えている。本当に夢みたいだった。ということでダイナソー。何か日中の低気圧のひたすらロウなプレッシャーにより身体がしんどく酒を飲んだら飲んだ分だけすぐにまわってしまう。今すぐ横になるべきと身体が言ってくる。レインボーステージというところでダイナソーの3人がのそのそとステージに現れ、僕と兄はPAブースより前の大体フロアーの中心くらいで観始めた。デ・デ・デ・デ・デ・デ・デ・デ……というイントロから始まる “LUNG” が1曲目!ぐわ~~~~早速自分の中のスイッチが入ってしまいきちがいのように頭をガシガシ振って奇声を発しながら痙攣する(周りに迷惑を掛けないよう50cm四方のパーソナルスペースを意識しながら)。一発目からクラッシックの曲が披露されても周りは棒立ちで面食らう……この曲始まったらあちこちでポンポンダイブが起きるもんじゃないのか?やはり単独を観に行くべきであったか……ならし運転という感じの演奏を終えてバンドもオーディエンスもお互いに出方を伺っているようだ。続いてこないだ出た新譜から一曲。自分は新譜は全く聴いていないのでただニコニコしながら頷いて観ている。その次か次の次くらいに突如何の感慨もない感じで鳴らされるくそ大名曲 “WAGON” 。またも自分一人だけ曲中のキメやギターソロに入るときに合わせて「ギャーーッ!」とか「きえええええっ!」とか叫んでパーソナルスペースを意識しながら痙攣してバカみたい。すぐに喉は枯れ全身汗だくになり首がめちゃくちゃ痛くなる。つらい。周りが何だろうがおれは全身全霊で目の前のダイナソーの演奏を受け止めなくてはならん。次々繰り出される名曲の数々にずっと昇天しっぱなし。中でも “OUT THERE” 、“FEEL THE PAIN”、“START CHOPPIN” とルーがいない期の名曲がプレイされると失禁ものでまたしてもきちがい絶叫ダンス。この頃になると大分身体もほぐれて自分が今現在歓喜に溢れた時間を過ごしているという幸せな気分に満ちていくのを感じる。素晴らしい。感涙。大分できあがってきた頃これまたクラッシックの “FREAK SCENE” が始まると急に後ろから体育会系の「自分フェスで暴れるの好きッス」といううんこみたいな一群(そういうやつに限ってスポーティーにサッカーチームのユニフォームとか着ている)が突っ込んで来てその流れに絡め取られ自分も大分前の方に連れて行かれてしまう。モッシュとはとてもじゃないが呼べないような猫がじゃれ合っているような体育の時間じみた空間の中演奏は続いていく。気が狂いそうなほど格好いいギターソロが終わったら、Jが一人ギターを引いてアウトロの部分を歌うのだが、そこの一番最後のライン、歌詞の中で一番大事なラインである「cause when I need a friend, it’s still you」というくそ泣ける歌詞をライブではJは歌わないので、オーディエンスがその部分を絶叫するのがしきたりなのだがスポーツモッシュの皆さんはそんなの知らないから体育の授業を繰り返している。そこ歌わないなら前に来て暴れないでよ!一人ずつ捕まえてボコボコにして説教したくなった。そんなきちがいじみた考えに人を駆り立てるほどにすごいバンドなのだダイナソーは。というか私の頭が変なだけです。ライブなんてそれぞれが好きなように楽しめばいいだけなので……他の人をどうこう言うのは全く間違っています。ちなみにFREAK SCENEって全体はどんなことを歌っているんだっけな?と気になり後でネットで調べたら、ひたすらきちがいの戯言を並べたみたいな歌詞で笑ってしまった。やばい。そしてライブはルーがボーカルを取る “MOUNTAIN MAN” 。初期のハードロック成分多めの曲はライブで聴くとニコニコ笑ってしまう。最高!おら、さっきまで張り切って暴れてたスポーツモッシャーのお前らも知らない曲でも同じように暴れろよ!と一人ずつ捕まえてボコボコにして説教したくなる。最後は “SLUDGE FEAST(汚泥祭り)” で締め。前の方はギターの音がでけえな~~~Jのセッティングはマーシャル3段積み×3でさらに自分のモニター用として3段積みがもう1セットある。よくこんなんで他のパートを聴きながら演奏が出来るもんだ。ダイナソーのライブは本当にすごかった。自分の中であまりに神に近い人たちのライブを観ると自分の中でタガが外れてしまって大変なことになりあまりじっくり演奏を楽しむとかそういう感じにならなくなってしまう。ライブ終演後は完全に放心状態。首と全身がめちゃくちゃ痛い。あとはもう酒飲んでSAVAGESとかANIMAL COLLECTIVEとかTEMPLESとかチラ観して始発で帰る。信じられないくらいに疲れて身体が終わっている。日中とは打って変わりピーカンの青空の中帰宅。風呂に入り寝る。

2016年8月20日土曜日

2016年8月19日

朝起きたら良い感じに晴れていて低気圧の嫌な感じもなかったので、時間的にいけそうだったので出勤前に洗濯。昨日の雨のせいで終わってしまったシーツ等を洗い直したかったので。全部ちゃんと干せた。会社へ行き働く。今日の昼は昨夜作ったおかずとご飯を詰めた弁当。外に出て座って弁当食べられそうな場所を探すも全然見つからない。日本はストリートに気軽に座れる場所があまりにも無さ過ぎる。ホームレス排除とかいってベンチを撤去する考え方も狂ってる。結局街に出てちょっと休もうと思ったら喫茶店などに入って金を使わないと休憩できない。まるで貧乏人は街で休むなと言われているようだ。そんな街どう考えたって詰まらない。結局公園へ行き弁当をつかい、会社に戻り働く。夕方皆出掛けて行き会社に自分一人だけになると急激にやる気をなくす。一人で一生懸命働くのは難しい。大いにサボるし面倒くさい仕事はいつまでも手が着けられない。一人で独立してバリバリ働いている人はすごいと思う。ネットをサーフィンしていると、田島ハルコさん主催の『フスiD』がとても面白くて読み耽ってしまう。全てのはみ出した人・物たちにスポットライトを当ててその魅力を紹介する田島ハルコさんのコメントが慈愛に満ちていて、この視点こそがフスかと納得する。あとめちゃくちゃてんやに行きたくなる。今度行こう。ということでやらなくちゃいけない仕事を見ない振りしつつネットサーフィンすると簡単に無にやられてしまうのでいつの間にか外は暗くなっている。しょうがないのでようやく面倒なことに取りかかり何とかやり終えて21時退勤。帰路スケボーに乗っているのをポリスマンに見つかり怒られる。やはり交番が視界に入っているところで乗るのは無理があったか……次から気を付けよう。帰宅後昨日作ったおかず味噌汁ご飯を温めて食べる。ビール飲んだらめちゃくちゃダウナーになってしまった。今一番自分に良くない影響与えているのは酒かもしれない。珍しく週末の夜なのに気絶せずちゃんと風呂に入り布団に入る。今週はお盆休み明けで2日しか働いていないので元気なのか。平日酒飲まないようにして金曜の夜が来ると訳が分からなくなるまで飲んでしまうので、週末も家では飲むのやめた方がいいのかもしれない。寝る前にダイナソーJrを聴く。Jマスシスの作る音楽は……一通り無を見てきた人にしか作れないとてつもなく優しい音楽だと思う。いや、でもGREEN MINDくらいまではとにかく無か……頭の中をゴオゴオ言って吹き抜ける風をとにかく再現したらああなったという気もする。Jはきっと何か人生についての重大なことを知っているんじゃないだろうか。そう思えてならないし、Jがいる世界は何だか頼もしい。Jがいてくれると思ったら何だか嬉しくなる。

2016年8月19日金曜日

2016年8月18日

昨夜は何やかんやかなり遅い時間まで酒を飲みぐだぐだやってしまう。薄明るくなってから布団に潜り寝るともなく寝ていたら外がパラパラ言っていてうるさい。何だ何だと思ったら雨!慌ててベランダの昨日干した洗濯物を取り込む。幸いまだそんなに濡れていないようだ。しかし欄干に干していたシーツとベッドパッドは完全に濡れてしまいR.I.P.。昨夜寝る前に取り込んでおくべきだった。時刻は5時半。あと2時間は眠れる……はずが起きたらやばい時間だったのでやばいなりに急いで準備するが眠気とだるさと身体に残る酒で訳が分からない。取りあえず身仕度は整ったのでパン咥えて飛び出す。雨は止んでいるみたいだけど相変わらず猛烈な湿気とのし掛かってくるような低気圧。ギリギリの時間に出社。身体がめちゃくちゃだが仕事をしなくてはいけない。無い集中力を凝らしてどうにかこうにかお昼だ。会社周辺はどうしてもチャイニーズレストランしか選択肢が無いように思える値段とか色々考慮すると。しかし胃腸が終わっているのであまりパンチのあるものは食べられない。これは今しかないということで会社近くのテイクアウト専門の寿司屋へ。10かんくらい入っているランチ握りセットが¥480だったのでこれはいいということで買いました。そしたら14時という時間もありランチタイムの終わりだったためそこからさらに20%引きになりとても良かった。会社に戻って寿司を食べても良いのだが昼休憩のときは少しでも会社から離れたい。ウロウロしながら寿司を食べるところを探す。すると雨が降ってきてしまった。仕方がないのでその辺にあった公園に入り、木の下なら雨もそんなでもないので木の下のベンチに座り寿司を食べる。うまい、うますぎる。生の魚を食べるのはめちゃくちゃ久しぶりな気がする。というか魚自体しばらく食べていなかった。生の魚を一口大に切り同じく一口大に握ったすし飯と共に食べる。素晴らしい食文化。今まで自分の生活に欠けていたのは寿司であった。昨日買ったうつの本にも魚を沢山食べるノルウェーではうつの人が少ないみたいなことが書いてあり、魚に含まれるDHAが良いとか何とか書いてあった。今後寿司を沢山食べていくことを決意。とか色々ぼんやりと考えながら寿司を食べていたら両腕が同時に四カ所くらい蚊に血を吸われていてパニックになる(寿司を持っている状態だしすぐに追い払えないので)。しょうがないので蚊を気にしながら雨の中少しでも雨の影響を受けぬよう木の下で立って寿司を食べた。雨の中木の下寿司立ち食いおじさん。もっとゆっくり落ち着いて食べたかったが寿司はおいしゅうございました。午後も頑張って働く。昨夜の夜更かしが効いており眠くて仕方がない。20時45分退勤。ここ最近の日記があまりに沈鬱な内容になってしまっているのを反省し、調子が悪くめちゃくちゃつらい時は、自分を動物園の柵の向こうの猿のごとく外側から徹底的に観察して少しでも負担を軽減する方法を探すことにする。例えばここ最近なぜこんなにつらいのかというとまず飲むべき薬が切れており飲んでいないということが第一に挙げられる。薬がないならしょうがないので他につらい気持ちや負担を少しでも軽くする方法を探す(早く寝る、風呂にゆっくり入る、おいしいものを食べる、食器を洗う、夕飯を作る、軽く運動する……etc)。かかりつけの病院が21日まで夏期休業ということが分かり愕然とするが、別の病院に行くのもありかもしれない……。帰路くだもの屋でグレープフルーツ5個入り¥200で売っているのを購入し大勝利。豚肉としょうがをスーパーで買い帰宅。どんどん雨が強くなってきてすごい。また梅雨入りか。冷蔵庫に寝かせていただいだらぼっちだかどですかでんだか忘れてしまったが、ピーマンと獅子唐の合いの子みたいな不思議な野菜を使い豚肉とネギとキャベツとしょうがと味噌で炒める。袋の注意書きに綿と種の部分が辛みが強く、また肌の弱い方は手袋をして調理したほうがいいかもしれませんと書いてありそれを読みふうんと思う。ねぎと小松菜と豆腐をドガチャガ入れた味噌汁も作り豪華で健康的な夕食。なかなか美味しくできた。食器もきれいに洗い流しもピカピカで良い感じや。ええぞ、その調子や!ふと手がピリピリする事に気づき、どうやらあの野菜を調理したせいで手が辛くなってしまったらしい。手が辛くなるとうける。ピリピリして風呂で染みる。こういうイレギュラーな季節の野菜は美味しいし面白いので良い。

2016年8月18日木曜日

2016年8月17日

昼過ぎに目が覚める。台風一過の青空。今日でお盆休みも終わりだが全く何もする気にならない。昨夜泣きながら飲んだ大量のビアの空き缶をゆすいで片付ける。養命酒→白湯の健康コンボをメイクして休み前に作ったオブスキュアカレーの残りが冷蔵庫に入っているので温めて食べる。全然美味しくない。布団に横になり天井を眺める。休みの日は布団に横になり天井ばかり見ている。部屋がめちゃくちゃなので整理しないといけないのだが全くやる気が起きない。取り込まれた洗濯物の山が畳まれないまま数週間放置されている。しかし毎日服着てるので洗濯しないといけないのでどんどん畳まれない山が大きくなっていくばかりである。というわけで洗濯機を二度回す。トイレも何とか掃除する。ブルーレットも取り替えた。シャワーを浴び洗濯物を干して17時。そこでもう力が尽きてしまった。冷蔵庫から酒を取り出して飲む。腹が減ったので買ってあったペヨングソースやきそばを食べる。ペヤングの廉価版という触れ込みだが本家とどう違うかというと、かやくに入っている肉が廉価版のペヨングには無いのである。あんなよく分からない肉が無くても別に良いのでは、と思って食べ始めたら、何とあのよく分からない肉が入っていないとコクみたいなのが少なく感じられてイマイチ物足りないのである。これは驚いた。酒をガンガン飲む。もうどうだっていい。酒も回ってきて眠気を覚えたので布団に倒れ気絶。21時過ぎに目が覚める。夕飯にはちょっと美味しいものが食べたいと思い、着替えて外に出る。今日初めての外出。風呂場にいるような強烈な湿気と蒸し暑さが不快でしょうがない。ぶらぶら歩きながら最近の自分の生活について思いを巡らす。生きる喜びだとか楽しさだとかそういったものからすっかり縁遠くなってしまった。何ひとつとして面白くも何ともない。ただ無。ただ毎日つらくしんどいだけ。死にたいとは思わないけど早く全部終わってほしい。見ざるを得ないからただ惰性で見てるけど、くそつまらないテレビ早く消してほしい、ただそういう感じ。早く病院行って薬もらわないと。うつと酒の相性は最悪だけど、酒を飲まないととてもじゃないがやっていられない。といっても平日は飲まないようにしているけど。休みの日がとにかくダメなのだ。お盆休みもどうせこんな感じになるだろう、と思っていたけど案の定そうなった。駅へ向かって歩き続けていると暑さに我慢ができなくなり道中にある本屋へ避難。うつに関する本ともう一冊新書を買う。最近は買った本も読む気がしないくらい元気がないがそれでも買う。商店街の一角にあるステーキ屋にIN。元気が出るかなと思ったので。低価格がウリのチープな雰囲気のステーキ屋で初めて入ったがとにかく安い。240gのステーキとライス味噌汁ついてビール小と簡単なつまみがつくセット¥1400というのがあったのでそれにする。ステーキというのも五万年振りに食べた。味は甘からず辛からずうまからず。まあ値段相応という感じ。沢山肉を食べたぞという感覚は大いに得られた。反面野菜が食べたくなった。帰りに99ローソンで発泡酒と牛乳を買い帰宅。酒を飲み買った本をパラパラとめくる。うつの本読んでうつが治るだろうか。実家から持って帰ってきたパラダイスガラージの『奇跡の夜遊び』を聴く。素晴らしいアルバム。自分は熱心な豊田道倫のファンではなく音源もこれともう一枚しか持っていないが、このアルバムは本当に大好きである。疲れた。

2016年8月17日水曜日

2016年8月16日

布団の中で携帯で日記を書き終えた午前4時以降全く眠れない。自分の全身の各パーツごとにラベルを貼られたのちに、それぞれの部位の価格を確かめていくという夢を見た覚えはあるがよく分からない。窓の外はすっかり明るくなっている。眠ったという実感の無いまま8時半くらいに起きる。ここ数日の曇天とは打って変わりお盆の終わりの青空。送り盆ということで、提灯に火を付けみんなでお墓へ行く。墓前で元気になれるよう頑張りますと誓う。帰宅したら部屋を掃除する。埃が溜まりすぎてめちゃくちゃ汚かったので。一生懸命掃除したら既にお昼になった。家族揃ってそばを茹でて食べ、食後はいよいよ東京ヘ帰る前の最後のパッキングをする。実家の自分の部屋にあるCDDVD本レコードを総ざらいして持って行きたいものをピックアップする作業なのだがついどうしてもあれもこれも持って帰りたいとなってしまい大荷物になってしまう。今回はスチャの音源全部とkool keith関連の音源全部を持ち帰りたいというコンセプトだったため、それらをより分けるも量が多すぎる為箱に詰めておいて後日送ってもらうことにする。部屋中に散乱するCDを指さし確認していったところ、ここ何年もの間無い無い言っていたパラガの『奇跡の夜遊び』を発見して大いに喜ぶ。夏に無になりながら聴くのに最高のアルバム。結局南極めちゃくちゃ大荷物になってしまったので父親に駅まで車で送ってもらう。スケボー持ってきた意味なかった荷物になるだけだった。台風が迫ってきているのがビンビンに感じられるくそだるい低気圧の中電車に揺られて帰宅。ド豪雨も降りました。そんなに長い旅路ではないのだけどめちゃくちゃに疲れる。家が汚くて泣きそう。でも水回りとかはちゃんとしてあったので出掛ける直前の自分に感謝。大荷物を置いた後は近所の99ローソンへ一目散に向かう。一秒も素面ではいられないのでしこたま酒とつまみを買う。買ってきたレコードをじっくり聴きながら酒を飲むのは至福のひとときである。ハードオフで買った昔のお母さんといっしょのレコードの歌詞がとても素晴らしくて、「やりたいことがいっぱいで からだがひとつじゃたりないよ たのしいことがおおすぎて こころがひとつじゃたりないよ」という歌詞の一節を読んで涙腺が崩壊する。ボロボロ泣いてしまい涙が止まらない。自分はやはり病気か。よく分からないけど何だか疲れているのだと思う。お盆が終わりツイッターもまた辞めるので、最後に向けて色々頭の中で整理していたらめちゃくちゃ悲しくなってしまい、酒を飲みながら携帯を握りしめてボロボロ泣いてしまう。久しぶりにじっくりツイッターしたこの数日間とても楽しかった。大好きな人たちのツイートを沢山読めて幸せでした。別にお盆が終わったからといってツイッターを辞める必要など全くないのだけど、やはりツイッターは自分には刺激が強すぎて疲れてしまう。ツイッター以外のことをもっと頑張りたいと元々思ってツイッターを辞めたので、また明日から頑張らなくてはいけない。涙が止まらない。バカか。最後のツイートをして、携帯からツイッターをアンインストールして、眼鏡を外して電気を消して布団に飛び込む。そして0時に目を覚ました時には何が起こったのか全く覚えておらず、わけが分からなくて混乱した。起き抜けにすぐ冷蔵庫を開け酒を飲む。素面ではいられない。酒を飲みながらあれこれレコードをを聴いて泣く。悲しい。疲れているのか何なのか全く分からないが、とにかく悲しい。疲れているし元気になりたいと思う。何をどうしたらいいのか全く分からない。

2016年8月16日火曜日

2016年8月15日

11時半まで寝る。今日は終戦記念日。何をどう考えたって戦争には絶対反対である。安倍が戦没者追悼式のスピーチで「戦争の惨禍を決して繰り返さない」とか言ってたけど日本を戦争できる国にさせようとしているのはお前だろうが。寝言ばかり言いやがって。武器輸出もやめろ。自分が幼稚園の時に何故か教室の本棚に置いてあった太平洋戦争の記録みたいな写真集を見て、路上で半裸で泣き叫ぶ小さい子供の白黒の写真を見てめちゃくちゃ怖くなったのをよく覚えている。その後小学校に上がるくらいの頃に、アメリカが湾岸戦争を始めたというニュースがTVで緊急速報のテロップで流れ、幼いので詳しいことなど何も分からない自分はとにかく怖くなって、その時家に遊びに来ていて一緒にTVを見ていた叔母さんにこれから戦争になってしまうのか?と聞くと、「日本はもう絶対に戦争をしません、と決めているので大丈夫よ」と返ってきて、めちゃくちゃ安心したのをよく覚えている。安心した上にとても感心したものだ。戦争を絶対にやらない!と宣言してしまえばもう戦争にはならないんだ!これはすごいぞ!と。昔の偉い人ありがとう、と。それから25、6年経った今、世の中がこんな風になってるなんで思っても見なかった。というよりは少しずつ、少しずつ悪くなっていったと言うべきか……とにかく昼のニュースで安倍のスピーチを聞いてあまりの空疎な内容に薄ら寒さを覚える。それにしても昨日に引き続いて体調が悪い。横になるばかりでちっとも縦になれない。しかし横にばかりなっていてもしょうがないので、少し休んでから昨日行けなかった春日部へ行くことに。春日部はティーネイジャーだった自分が恋に部活に勉強に、青春時代を過ごした大切な場所である。ちなみに実家があるのも春日部市だがこれは小渕首相のときの平成の大合併で自分が住んでいた町が隣の春日部市に吸収合併されたことによるもので、小中学生の時分はみんな遊びに行くのは春日部、そして高校生にもなると大宮や東京まで足を伸ばして遊びに行くこととなるのである。春日部の東口のメインストリートにA1ミュージックという僕が大好きなレコード屋がある。優しいおじさんとおばさんがご夫婦でやっているレコード屋で、初めて行った中学生の頃から変わらずに営業しているので本当にリスペクト。この店がなかったら今の自分はないだろう……高校の頃教室に居場所がなく、よく午前中で勝手に帰ってA1へ行きCDを買ったりしていた。レジに盲導犬育成のための募金箱がずっと置いてあったのも良かった(この募金箱は今日行ったら置いてなかった。)。A1ミュージックのこととなると無限に話せるのでここではとてもじゃないが書ききれない。高校の頃ハイスタやグリーンデイのコピーバンドをしていて、ドラムのやつがA1でアースウィンド&ファイヤーのLPを買っているのを見て、その当時メロコア~パンク~グランジ~オルタナばかり聴いていた自分はうわーこいつめちゃくちゃ大人っぽい!すごいな~~~といたく感心したのを覚えている。A1ミュージックは普通のCDは一枚¥500~¥800~¥1000~¥1500くらいで、LPはなんと常時表示価格の50%オフなので、大体が実売価格¥400~¥600~¥800~¥1000~¥1400くらいか。たまにやる全品20%オフセールの時はそこからさらに割引が適用される。とにかく雰囲気もいいし品揃えも味わい深く最高に大好きな店なのである。今度店主のおじさんに取材してzineにしようかな……。ということで、とにかく今日の午後は春日部へ行き、A1ミュージックヘ行きました。レコードを見ていくと、店主のおじさんおばさん夫婦とお客さんのおじさんが談笑している。レジ横のDVDコーナーに目をやったお客さんがこれは何だい?と聞くと、それは稲川淳二の怪談DVDですよと。今の季節におすすめですよと。お客さん答えて曰わく、「いや~うちの母ちゃんの方が怖いよ!ワハハ」というのんきな会話がずっと繰り返されていたので、これを聞いただけでも今日は来て良かった、と思いました。そして順々に店内のレコードを見ていく。するとどんどん腹が痛くなってきて、レコードを見ているのか糞を我慢しているのか一体自分が何をしているのか分からなくなってしまったので、手にしていた購入候補のレコード数枚をおじさんに預かってもらい、店の外へ。店からほど近い場所にある匠大塚の店内でトイレを借りよう、と思ったもののキンキラキンで高級感溢れる入り口の雰囲気(しかも入ってすぐのド正面に受付がある)と客が一人もいない雰囲気に気圧され匠大塚のトイレは諦めてその裏にある市立図書館へ行き事なきを得た。めちゃくちゃ腹が痛くて泣きそうだった。身体は重いし本当に何も良くならない。泣きそうになる。胃腸がおかしいのも一度ちゃんと病院で見てもらった方がいいな。泣きながらA1ミュージックへ戻りレコード吟味の続き。RCサクセションの多摩蘭坂が入っているアルバム『BLUE』のLPを買ったので今年の夏の残りは多摩蘭坂を無限に聴いて泣きながら過ごそう。その他色々見繕って合計¥4000分購入。すっかり外は夜。夕食後東京ヘ戻るつもりだったが、体調が悪くまたしても実家に泊まることに。実家の自分の部屋があまりにも汚いので夜中に掃除を始めてしまう。早く寝ないと体調は良くならないのだが。とにかくつらい。だめですね。

2016年8月15日月曜日

2016年8月14日

昨夜は何故か分からないが全く寝付けず朝の6時過ぎくらいにようやく眠りについた。10時くらいに目が覚めるも浅すぎ終わりすぎの睡眠がキツいので布団で無。12時まで無になる。食事をした後は母と兄と三人で母方の祖母に会いに行く。祖母は今高齢者向けの施設で暮らしている。このホームはうちの実家から車で10分くらいとほど近い場所にある。小学生の時分に通っていた通学路上にあるのだが、この町内も昔に比べて高齢者向けの施設が本当にたくさん増えた。数か月ぶりに会う祖母は一週間前から帯状疱疹にかかってしまったそうで、具合が悪そうだった。でも孫二人の顔を見られて嬉しそうだったので良かった。色々近況を話し、元気でやってるので心配しないでねと伝え、薬を飲んでゆっくり休んで良くなってね、ということで祖母のとこから帰る。帰る道すがら肩口~胸にタトゥーを入れた若い衆が上半身裸で車を洗っているのを見かけてゲットー感があり良かった。帰宅後ひと休みしたら国道沿いにあるハードオフをパトロール。このハードオフとブックオフの併設された店は自分の曲のリリックにも出てきたり、また自分がベースを弾いていたバンドtoxic memorialsの曲 “宿題 or Die” のPVのロケ地にもなった場所である。つまり昔からあり、昔からやることないと訪れていた無の場所である。入店するとハードオフの楽器・機材コーナーを入念にチェック……どのハードオフに行ってもgrassrootsのINORANモデルがありませんか?それだけバカ売れしたギターということだろう。90sの郊外の青少年たちへのLUNA SEAをはじめとするビジュアル系バンドの影響力というのはとにかくめちゃくちゃ大きかった。Jモデルの赤いTVベースも売っていて笑う。楽器見てると欲しくなるな。二万円くらいのギター買ってバンドでも組もうかな、とか考えると何となく楽しくなってくる。ギターというのは色々エフェクターを繋ぐと音を変えられるので面白いと思う。いくつになってもパンクバンドを組みたいと思う。しかしここのハードオフはギターベースは沢山あるけどリズムマシン等の電子機器がほぼないのがツマラナイ。いつ来てもそう。続いてレコードをチェック。前に訪れた際に見かけた鈴木則文の映画『パンツの穴』のサントラを購入しようと思っていたのだが、全部レコードチェックしてもない。売れてしまったのか、そもそもこのハードオフではなく別の場所で見たのか……何も分からない。しょうがないので昔のおかあさんといっしょのLPとJungle SmileのCDを購入。明け方まで眠れなかったせいか、身体がフラフラして体調がめちゃくちゃ悪い。帰宅して家族揃って夕食。うちは色々あり親戚付き合いとかが激減してしまったのでお盆に親類が集まってワイワイみたいなのはもうなくなってしまった。夕食後東京へ帰るつもりだったけど、あまりの体調の悪さにもう一晩実家に泊まることにした。兄は夕食後奥さんの待つ自宅へと帰る。ここ最近ずっと体調不良が続いているが、一度じっくり治すべきだということに思い至る。元気にならないことにはとにかく何もできないし、つらい状態が続くのはつらい。そのためにはちゃんと薬を飲むのはもちろんだけど、暴飲暴食を控えて酒も減らしたり、ちゃんと風呂に入って夜早く寝たり、そういうベーシックなところを一つ一つきちんと整えていかないと今の状態からは絶対に良くならないのではないだろうかということにようやく気がついたのでありました。きちんとメンテナンスをするということ。酒をガバガバ飲んで気絶してというのを繰り返すとその時はつらい状態というのを忘れて心配ごとも何もかもどうでもよくなりリラックス(?)できるのだが、確実にダメージが残る。だからお盆休み中は意識して休んで少しでも体調を改善することに決めました。無理かもしれないけど。東京では一日三度養命酒を飲んでいるがあまり体調は改善されなかった(養命酒の効果を上回るひどいことを身体にしているため)。実家にいると養命酒が飲めないので飲みたい。養命酒はめちゃくちゃ美味しいのでとても好きだ。夜中は実家にある自分のCDを色々引っ掻き回して、聴きたいのがあれば東京へ持って行こうと思ったのだけど、実家で暮らしていた時に沢山聴いてたCDはずっとここに置いておけばいいかなとも思った。何だかそれが正しいような気がする。そういうのって持って行っても案外あまり聴かなかったりもするので。昔買った『奇跡の夜遊び』の再発盤、実家に帰る度探しているのだけどどこにもない。どこへ行ったのだろうか。

2016年8月14日日曜日

2016年8月13日

めちゃくちゃ酒が残っている状態で10時過ぎに目覚める。身体が重い。すぐに起き上がる気にもならず布団でウトウトしたり本を読んだりする。昨夜部屋中探し物をしていて色々出てきた中から中原昌也の自伝を。久し振りに読んだけどやはり大変に面白い……この自伝の前半部分が新潮に掲載された時は衝撃だった、面白すぎて。さておき今日は病院行かなくてはいけないので起きて昨夜の残りのカレーを温めて食べる。全然おいしくないな~~体調不良はこのカレーのせいかもしれない。とにかく身体が重くつらいが頑張ってシャワーを浴びて支度をしていたけど思ったより時間がないことに気付いて焦る。土曜日は14時までの診療なのだけど結局どう考えても間に合わない時間になってしまい病院は諦めた。治す気があるのか?元気になるために病院へ行くのだが病院へ行くための元気がない。根拠は全くないがもしかしたら間に合うかもしれないのでとりあえず家を出て病院へ向かう。つらい道中。あとお盆入って涼しくなったねと思っていたけど外は普通に暑い。自律神経狂っていると狂っている感じの汗をかく気がする(根拠なし)。病院の最寄り駅に着いたのは診療受付締切時間を10分過ぎてのことだった。病院はお盆休みに入ってしまうため、一週間は薬なしで過ごさなくてはならない。何ということでしょう。しょうがないのでそのまま歩いて神保町へ向かう。三省堂で欲しかった本が売っているのを見つけて3冊購入。良かった。最近本が全然売れないという話を聞くので本はちゃんと新品を本屋で買うことにしている。Amazonは絶対に使わない。でも神保町の三省堂は沢山のお客さんで賑わっていた。入り口脇の催事コーナーで、日本最古のカレーをうたうマースカレーが展開していて、ルーやら瓶に入ったニンニクの漬け物やらが陳列されていた。こういうの見ると食べてみたくなるね。マースカレーと一緒にアルマイト製のカレー皿など食器類が売っていて、こういうのでカレーを食べたらなかなか美味しかろうと思った。三省堂を出て時刻は15時過ぎ。渋谷にも用事があったので移動しようかとも思ったけど今日は実家に帰らなければならず、またその準備のために一度自分の家へ帰る必要があるので渋谷行きはやめ。明日か明後日に行けばいい。食欲がなかったけど何か食べた方が良いので神保町の立ち食いそば屋嵯峨谷でちくわ天そば¥380プレミアムモルツジョッキ¥150。そばはうまいしビールは安いしでめちゃくちゃ素晴らしい。もっと嵯峨谷を利用したい。渋谷のドンキの隣ら辺にもありますね。そしてそば屋でそば食べながら自分のツイッターのアカウントで久し振りにツイートする。何故か緊張。長く入院したりして久し振りに学校へ行き教室のドアを開けるときみたいな謎のドキドキ感があった。バカか。久し振りにプールで泳ぐときのように、感覚を思い出していくように自分の一挙手一投足を確かめながらおそるおそるツイートをしていった。バカか。久し振りのツイッターは刺激が強すぎて脳がおかしくなり疲れた。負荷が多い。考え過ぎか。野暮なことを言うとたまにログインしてフォローしている人たちのツイートを見たりビル風botのアカウントの方で溢れるものをツイートしてしまったりしていたけど、やはり直接の知り合いではなくても今まで自分のタイムライン上で見知った人たちと再会するのは感慨深いものがある。とか考えていたら、あまりに自分がツイッターにかまけているので昔付き合っていた女の子に怒られたことを思い出す。実際の友達との付き合いとツイッターのタイムライン上だけの付き合いとはやはり違うよな、だけどそれも現代の新しい人間関係の形の一つなのでは?でもそのせいで実際の友達や身近な人達との関係が疎かになってしまうのはやはり間違っているよな、とか色々考えていたら脳が難しくなってきてしまったのでそれ以上考えるのはやめ。その女の子とは18の頃から8年付き合った。自分が一番しょうもない時期にずっと一緒にいてくれたのは本当に……自分は昔は本当にひどかった。随分マシになったと思う……目くそ鼻くそかもしれないが。その女の子は今年の春に結婚し幸せに暮らしているらしいと風の噂で聞いた。メロウになったのとビールで酔っ払ったのと頭と身体がおかしいのとでもう今にでも横になりたい気分だがそうもいかないので頑張って家に帰る。暑いのでコンビニでビールを買って帰る……。家に帰りビールを飲んでひと心地ついたらもう動きたくなくなってしまった。でもあんまり遅く実家に帰ると悪いので着替えとか用意して電車に乗り一路春日部へ。埼京線の車内で気絶。実家の最寄り駅で降りると東京に比べとても涼しいのとあまりの街灯の少なさに驚く。仏壇にお線香を上げ、家族揃っての夕食。みんな年を取っているが元気そうで何より。酔っ払ってしまい自室のベッドに横たわり無になる。夜中洗面所の鏡で顔を見ると顔の赤いおじさんが映っている。自分が何をどうしているときが楽しいか年々よく分からなくなっていて非常にまずいと思う。

2016年8月13日土曜日

2016年8月12日

朝起きると曇天。お盆に入ってから暑さも和らぎ曇りの日が増えてきた。夏がどうだろうと何とも思わないが、だけど今年はめちゃくちゃに暑い日があんまりなかったように思う。仕事はめちゃくちゃ暇。昼は昨日行った中華料理屋の真向かいにある別の中華料理屋へ。レバニラもやし炒め定食¥680。なかなか美味しくまたお店の中国人のおばちゃんもニコニコして優しい。弁当じゃない日はこの店へ通うことを決意。午後の仕事も暇。19時半退勤。牛乳買おうとスーパーに寄るがAEON系列の店にとにかく金を払いたくないので悩んだあげく隣の駅のスーパーまで足を伸ばすことにする。数年前、一瞬だけ包装業界で営業として働いていたことがあったが食品包装の市場はひどかった。メーカーと卸先であるスーパーとの間に何社も入ってひたすら値段を叩かれまくりの短納期の無茶振りされまくりので、客にも社内にも気を使いまくりでビクビクしながら仕事をしていた。自分が一体何をしているのかサッパリ分からなくてとにかくつらかった。気が狂ってしまい仕事にならない感じになってきたら半年で自主退職を勧められ(要するにクビ)、その会社を辞めた。自分の人生で自分が一体何をしているのか分かったためしがないのに、その上仕事でも何をしているのかサッパリ分からないことをやらされるのは全く耐えられない。仕事くらいは自分で分かってやりたいものだ。今の仕事は幸いにして今自分が何をやっているのか分かるので良かった。ということで別のスーパーで買い物して帰宅。明日からお盆休みだしのんびりカレーでも作るか、と思い寝かしていた豚肉を冷蔵庫から出すと色がヤバい感じだったのでヤバくない色のとこだけより分けて炒めてみたものの、ひとかけ味見してみたら絶対に口に入れてはいけないものの味がしたので慌てて吐き出し鍋から肉を全て取り出す。肉が全くないカレーもアレなので冷蔵庫にあったベーコンを入れる。寝かせていた野菜もほとんど入れる。こうして終わっているカレーが完成した。味は甘からず辛からずうまからず。オブスキュアカレー。カレーが美味しくないと悲しい。食後は部屋で探し物をしてあちこち引っ掻き回し、一時間くらいかかってようやく見つかった。そしたら今度は携帯がどこかへいってしまい、一時間くらいさらに部屋中引っ掻き回して探すハメになり泣きそうになる。黒い棚の影になっているところに黒い携帯が置いてあったのを発見して、まあ見つかったので良かった。明日からお盆休み。

2016年8月12日金曜日

2016年8月11日

嬉しくも悲しい夢を見て胸が張り裂けて目覚めたら既に15時だった。数ヶ月前まで休みの日は目覚ましをかけなくても必ず午前中に起きていたのだが引っ越してからは午後まで眠り続けていることが多い。起きぬけうつがひどい。賞味期限の二週間過ぎた卵をこれはあくまで生食での期限だから火を通せば大丈夫だから、と自分に言い聞かせて目玉焼きにして食べる。両面焼きのターンオーバーが最近の自分の中での流行である……。食後は無。友人から連絡が来ていたのでメールを返すと「東京タワーへ行きましょう」とのこと。身体は終わっているがせっかく誘ってもらい嬉しいので行きましょうと返事。夜浜松町で待ち合わせ。駅のトイレで下痢をする。起きてから食べた卵のせいっぽい。友人と三人で夜の浜松町をぶらつく。遠くに見える東京タワーがいつものオレンジ色ではなく、赤白青?の点状のライトでデコレーションされている。友人いわく「今日は山の日なのでそれにちなんだライトアップだそうですよ」とのこと。いい感じの飲み屋が多い街並み。しばらく歩いていくと増上寺の参道入り口の大きな門が突然メインストリート上に現れて一同感嘆の声を上げる。東京タワーへ着くと21時。遅い時間にも関わらず、観光で訪れた人たちで賑わっている。展望台へ昇るためのチケット売り場はなかなか混雑しておりエレベーターは一時間待ちの表示がしてある。会議の結果展望台行きはやめ。みやげ物屋など冷やかす。五年前に来た時と比べて随分いなたさが減り無味乾燥な空間になっている気がする。蝋人形館は数年前になくなってしまったらしい。ジミヘンの蝋人形やマニュエル・ゲッチング(!)がシンセの前に佇む蝋人形などがあり面白かったのに。R.I.P.。1Fエントランスのところに今日の特別ライトアップの説明があり、リオ五輪日本人選手金メダル獲得おめでとうスペシャルアイトアップだったことが判明。そうでしたか。何もしていないが疲れてしまい表のハイボールガーデンでチル。ビールとザンギときゅうりの漬物おいしゅうございました。その後もっと酒を飲みましょうということで道中目をつけておいたインドカレー屋にIN。おいしいものを食べ飲む。激お腹いっぱいになりみんな残してしまう。メロウな気分になったところで山手線の外回り組と内回り組に分かれて解散。帰宅後布団に倒れ込み意識を失う。心身ともに調子が悪い。

2016年8月11日木曜日

2016年8月10日

悪夢を見て飛び起きる。最近また睡眠がくそになってきた。日中とても暑い。一生懸命働く。忙しい。昼HOOD感あふれるチャイニーズレストランで酢豚定食¥750。散漫な味。午後体調がおかしい。元気が出る薬が切れてしまっているせいか、離脱みたいな症状が出て身体がフワフワしてとてもつらい。完全に終わっている気分になる。何やかんや頑張り21時過ぎ退勤。早く帰れたら新文芸座にゾンビ観に行こうかなと思ってたけど無理でした。身体はフワつきつらくてしょうがない。泣きそう。酒で誤魔化そうということでユーロホップという名の¥108で買える宝石とモノホンビアを買いお惣菜のマカロニサラダ、いか磯辺、キムチとともに独身男性サラリーマンスティーロでパーティー。酒を飲むごとによく分からなくなっていきつらさからも解放される。よく分からなくなったので着替えて布団に飛び込み気絶。悪夢を見て目覚めたらすでに朝でクーラーがつけっぱなしだった。今日は山の日。

2016年8月10日水曜日

2016年8月9日

早く出勤しなくてはならない日のため通常よりも大分早起きして眠くて号泣。朝食バナナ一本パン一枚ベーコンチーズミニトマト牛乳。出勤ののち北へ移動。ストリートでリオ五輪日本体操男子チーム金メダルの号外をもらう。その後色々あり~ので杉並ノースサイドの洗礼を浴びる。ちよだ寿司のテーマソング無限リピート。昼福しんにて麻婆豆腐定食¥630。福しん初めて食べたけど甘からず辛からずうまからず。オブスキュア度合いでは天下一の方が断然上だが。そう考えると日高屋のスクエアーさが一人勝ちしているチェ~ンのチャイニーズレストラン戦国時代の現状も頷ける。台風のフェ~ン現象のせいでくそ暑い。蒸し焼きになりそう。午後一生懸命に働く。夜社長に誘われ焼き鳥屋で手短に飲む。手短だったため帰宅後ご飯を食べた方が良いのでスーパーに寄って帰る。TOPVALUの商品を買うだけで犯罪に荷担している気分になる。ならばピアゴで売ってるStyleOneの商品ならいいのか?西友は?コンビニは?とか考える始めるとキリがなくなってしまうため関西風出しスープの粉末8包入りだけTOPVALU製品買ってしまう。他に最寄り駅の近くにスーパーが無いもんで困るな。イーオンに金落としたくない極力。とか言ってたら軒先に「レンタルコミック」と書かれた店舗が完全に安い八百屋でたまげる。夏の野菜が安い。きゅうり一本20円。トマト3個98円。今買い置きの野菜が色々あるので寄らずに帰ったがあの店は改めてパトロールする必要がある。帰宅したらヤフオクで購入した初期ダイナソーの名作ライブブート盤『JAYLOUMURPH』が届いていたので聴く。ジャケのルーの見た目がヤバ過ぎる。こんな見た目でひたすら無口だと絶対にやばい。前髪めちゃ伸びて目が完全に隠れて鼻のとこくらいまできてるしいたけカット。アルバムの内容は最高。本当にヘンなバンド。疲れと眠気とで訳が分からなくなってくるも頑張って入浴。布団に入る前にTOY MACHINEの一番最初のフルレングス『LIVE!』をちょっとだけ見る。とにかくこの頃のスケートビデオがめちゃくちゃ好きで。LAはロングビーチ周辺と思われるストリートのなぜか誰もいない無人の感じが地球によく似た星っぽくて、パラレルワールドっぽくてとてもいい。ダボダボのパンツ、細いデッキ、小さいウィール。使用される音楽のDISCHORDのバンド率の高さ。出てくるスケーターたちのいなたさ(田舎の兄ちゃん感ボンクラ感半端ない)。撮影もめちゃ拙いんだけど何故か全体から漂ってくる雰囲気とバイブスが本当に最高。大好き。そんな内容のビデオをボンヤリ見ていると最高のリラクゼーション効果を得られるのでありました。完。今日は71年前(!)に長崎に原爆が投下された日でした。広島も長崎も行ったことがないので行ってみたい。

2016年8月9日火曜日

2016年8月8日

昨夜どう寝たか覚えていないため外が明るくなっているのに気づくとすわ、遅刻だ!と思って飛び起きると普通に起きるのに丁度いい時刻だったけどいかんせん全く起きたくないし完全に激何もしたくない状態を地で行った土日を強制終了させられ突然冷たい水の中へぶち込まれるがごとくに月曜日の雰囲気というのが窓の外からビンビンに入ってくるので絶望。ギリギリまでうだうだしていたがついに堪忍してシャワーを浴びると汗が流れて気持ちいいし憂鬱な気持ちも少し楽になる。入浴は確実にアルファ波出てると思う。学生の頃テスト勉強全然終わんなくてやばいやばい言ってとりあえず夜中なので風呂入らなくちゃ、といって入ると今の自分の状況はさて置いてなんだかリラックスできていいね、何だかうまくいきそうじゃん、という気がしてくるから不思議なものである。とか考えながらシャワーを浴びていたらもう家を出なきゃヤバい時間にいつの間にかなっていたので汗だくで支度しバナナ二本牛乳一杯の朝食。いつもより二本遅い電車。完全無で出社。週末の酒漬けと暴食粗食のせいで体調が終わっている。この世の終わりのような青い顔をしながら無で仕事をしていたら昼になり立ち食いそば屋でかけそばミニかき揚げ丼セット¥510。立ち食いそば屋でかけそばをズビズバと啜って食べる度にティーネイジャーのころ読んだ寺山修司の本でやくざの使う隠語辞典みたいな文章に載っていた「ナガジャリ→そば」という隠語を思い出す。ナガジャリ。うどんやラーメンは何というのだろうね。仕事に戻ると自律神経がおかしくなっているのか身体がフワフワする。色々仕事が掛かって21時過ぎに退勤。疲れ果てご飯作る元気もなかったけど外で食べて帰る胃の元気もなかったので冷凍うどんを茹でて食べる。インスタントの関西風だしスープをお湯でといてねぎを切り生姜をすり下ろして入れる。さらには小さい豆腐を一丁ぶち込むのがこの夏の定番。仕上げに白ごまをたっぷりと。栄養のバランスもなかなかいいんじゃないのかと思うのだけどどうだろう。土日でめちゃ溜まっていた食器の洗い物とビアの空き缶を何とか始末して風呂入って布団でこの日記を書く。平日は疲れるし月曜は最悪だけど、何だかんだ一日終わる頃には土日よりもよっぽど気が楽だなと思う。平日無、週末ヘル。今日はイチローがメジャー3000本安打達成と天皇の生前退位の意向をテレビラジオで流すという大きなニュースのある日だった。

2016年8月8日月曜日

2016年8月7日

平日HELLを5日間過ごした後の週末無、そしてその次の月曜が何故めちゃくちゃつらいかというと週末に無(=涅槃、ニルヴァーナ)にせっかく到達したところを墓を暴かれるかのように無理やり立ち上がらされてまたしても地獄に叩き落とされるギャップゆえかなとも思いました。酒で意識をぼやかしてもきちんと出勤に間に合うように目が覚めるようにセットされたスマートフォンのアラームが彼方と此方を結ぶライフラインなのかもしれませんがとにかく毎日が過ぎていき無の次に必ずやってくる有の奔流に心も身体もさらされて刺激の大きさ故のギャップに苦しむ。今日は明け方に寝て午前中二回に渡って届いた荷物によって眠りを妨げられて終わってる睡眠をこなした後は風呂と洗濯を同時にこなした後に髪を切りに行ってその後大好きな人に会い少しでも話をできたので良かった。最近は本を多く読むようにしていて酒を飲んでぼやかしながら本を読んで胸が張り裂けながら月曜朝一にシャワーを浴びる煩わしさを選んでしまう自分を責める、いまから数時間後。ダイナソーJr再結成してから大分経つのに未だにJとルーがまともに口を聞くことがないというゴシップを読んで泣きそうになってしまった。そのあとmore lightとfree so freeを聴いてさらに泣いた。でもダイナソーの1stアルバムの異質さというのは最近になりようやく大きく気づいたことでありました。週休三日制の導入が熱望される。