3017年12月31日水曜日

2017年予定

MCビル風ライブ予定

2017年3月20日(月・祝)@渋谷HOME

talking lights presents
「しくじるなよルーディ#4」

Open18:30 / Start19:00
予約¥2,500 / 当日¥2,800(+1drink)

出演:
talking lights
The Broken TV
MCビル風


-----------------------

ワオワオ!かつて日本のオルタナギターポップバンドUNDER THE COUNTERを率いていた関谷謙太郎 & 朱雀佑輝が結成したtalking lightsという人生の酸いも甘いも嫌になるくらい噛み締めてきた大人が鳴らすひたすら真っ直ぐで誠実なギターロックバンドの自主企画に出演します!骨太なのに親しみも感じさせる、まるで近所に住むちょっと強面だけど気の良いあんちゃんのような……そんなバンド!MCビル風という人も出るらしい……この日は3マンなのでそれぞれの持ち時間も普段より長いらしい……。是非遊びに来て下さい!

-----------------------

2017年4月16日(日)@六本木VARIT

ROPPONGI VARIT. day time showcase!

Open12:30 / Start13:00
Charge¥2,000(+1drinkオーダー)

出演:
ドンガンボン
MCビル風

-----------------------

ウララァ(ジェロニモ)!日本の正しいロックバンド、ドンガンボンとの2マンライブが決まったっちゃ!ヤング & ジェイディッド(ただし希望あり)なグッドポップミュージックを奏でるドンガンボンは、春の暖かな空気にきっとよく似合うだろう。新しい何かが始まりそうな予感をきっと君の胸に届けるだろう。MCビル風という人も出るだろう。2マンなのでお互いに普段よりも長めのセットでライブをすることだろう。ドンガンボンとにかく本当に最高なのでライブを観て震えて下さいね。ド昼のライブなので開演時間にはご注意下さいね。

-----------------------

チケットのご予約は mcbirukazeあっとgmail.com までお気軽にメールをお送り下さい。○月○日のライブに行きたいので○○という名前でチケットを○枚予約したいというようなことが書いてあれば万事OKです。

MCビル風って誰なの?という方はこちらのページにBiographyがまとまってますのでよろしければご覧下さい。

季節の変わり目で体調を崩しやすいことと思いますのでどうかお身体にはお気をつけてお過ごし下さい。 

2222年2月22日金曜日

MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4



MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4 

撮影: 白岩 義行
Twitter →https://twitter.com/yoshiraiwa
Facebook→https://www.facebook.com/yoshiyuki.sh...

田島ハルコ x エレファントノイズカシマシpre 「第二回 俺たちを敬え」
2016/6/4(sat)17:30~ ¥1000
@中野ベースオントップ211

出演:
田島ハルコ
エレファントノイズカシマシ
KLONNS
MCビル風
エママウス
シベールの日曜日


2017年3月28日火曜日

急斜面になっている砂浜で行われる「急斜面サッカー」という新しいスポーツが行われている。どれくらいの急斜面かというと見た感じ角度60%くらいでほぼいきり立った崖もしくは壁という感じ。急斜面の上と下に陣地が分かれてサッカーをするため下側に自陣があるチームは果てしなく不利である。しかもランダムにフィールド上で爆発が起きるため、爆風に吹き飛ばされると間違いなく下まで転がり落ちてしまうという何とも過酷な恐ろしいスポーツである。

2017年3月16日木曜日

ダニエル・ジョンストンと私

USインディーミュージック界の片隅に天使/悪魔のような存在のダニエル・ジョンストンというめちゃくちゃ良い曲やめちゃくちゃ良いドローイングを描くデブでキチガイのおっさんがいるのですが、僕はこの人のことが大好きで、ことあるごとに自分の人生に立ち現れては道を指し示すヒントを与えて、そしてまた幻のように消えていくのですが、初めて彼の存在を知ったのが大学一年生のころ、ベックが大好きで彼に影響を受けて創作活動に励む同学年の男の子に教えてもらったのでした。よれよれヘロヘロの歌声とカセットテープに直接吹き込まれたくぐもった音質で鳴り響く彼の曲は自分の知らなかった世界への扉を確実に開いてくれたのでありました。mixiが隆盛を誇っていたその頃、ダニエル・ジョンストンコミュニティに参加した私はそこの書き込みで、昔付き合っていた女の子にダニエル・ジョンストンのカセットテープを聴かせたところ、「わあ、この人の歌声は星くずが降ってきたみたいだね!」と言ったというのがあったのを未だに覚えているのでありんす。美しすぎる。その頃は自分が参加しているコミュニティのラインナップで相手(相手?)を威嚇するというカルチャーがありましたね。R.I.P.。そして彼の存在を知ってから少しして、「悪魔とダニエル・ジョンストン」という彼の半生を追ったドキュメンタリー映画が今は無き渋谷のライズXで上映されたのでありました。シネマライズは何で映画館のままではいられなかったんや!WWWなんてクソでしょ。ドリンクは高くて量は少ないしバーカンの兄ちゃんも愛想が悪いぞ。そんなことはどうでもいいんですが。映画「悪魔とダニエル・ジョンストン」の話に戻りますが、当時ボンクラの友達と勇んでその映画を観に行って本当に衝撃を受けた。抗うつ剤と不摂生の影響でブクブクに太った巨体を揺らしながらピアノの前に座り狂ったように鍵盤を叩き付けるその姿。吸い殻で山盛りの灰皿を横目にブカブカ煙草をふかし、マウンテンデューを飲みまくるその姿。事実は小説より奇なりを地でいく彼の半生はひとときも目を離す暇も無いほど目まぐるしく進んでいく。数ある彼のエピソードの中でも一番自分の心を掴んで離さなかったのは、若かりしころ常にテープレコーダーを肌身離さず持ち歩いていたダニエルが、彼の愛する大好きな片思いの女の子に対して「ダニエル、愛してるわ」とカセットテープに吹き込んでくれと懇願する話。片思いだけど、そのテープを再生するときだけは彼女は自分に向けて愛の言葉をささやいてくれる。心底震えた。美しすぎる話ではないですか。その音声は、彼の極初期の作品の中で使用されていて実際に聴くことができる。涙なしには聴けない。言葉にならない……。何でこの話を書いたかというと、友だちから最近ダニエル・ジョンストンめっちゃ聴いてると言われて久しぶりに聴き返したら雪崩のように思いがあふれ出してきたからであります。

最後に僕が大好きな彼の曲 "Honey I Sure Miss You" という曲を紹介して終わりますね。さようなら。

Daniel Johnston "Honey I Sure Miss You"
https://youtu.be/bmRjGBFg1a0


Honey, I sure miss you,
And I long to kiss you
And I miss you so much.
Your loving touch
Brought out the best in me. 
Can you bring it back to me?
Cause I love you so much.

Your loving touch.
Every time I think about you
Love comes down.
But your still not around.

Honey i sure miss you.
And I wish you were here today,
Cause I want you so much.
Your loving touch.
Nothing more important to me.
No one anymore closer to me.
Cause I love you so much
Your loving touch.
Every time I think about you
Love comes down
But your still not around.

--------------------

愛する人よ、君が恋しい
君にめっちゃキスしたい
本当に寂しいよ
君の優しい手
それが最高の気持ちを呼び起こす
その気持ちをまたくれるかい?
君をめっちゃ愛しているから

君の愛しい手
君のことを想うたび
愛が降りてくる
でも 君はいないまま

愛する人よ、君が恋しい
君が今日ここにいたらいいのに
君がめっちゃ欲しいから
君の優しい手
こんなに大切なものは無い
こんなに近くの人はいない
君がめっちゃ好きだから
君の愛しい手
君のことを想うたび
愛が降りてくる
でも 君はいないまま

訳:MCビル風              
 

2017年3月13日月曜日

鬱病と富士そば

早く冬が終わって暖かくなれば少しは鬱もましになるかと思っていたが一向にその兆しはない。カート・コバーンが死んだ季節をなめてはいけない。土曜日はずっと寝ていた。日曜日はずっと酒飲んで寝ていた。洗濯物を干すのに7時間かかった。鬱が続くと友達をみんな失ってしまいそうだ(助けてほしくて連絡してしまうのですごいめんどくさいと思う。申し訳ない)。音楽を聴く気にもならない。酒を飲んでも眠れずベッドに突っ伏しているだけで非常につらく、本当に病気だと思う。本当に何もできず2日間風呂にも入れず終わっていた。7時間かけて洗濯物を干した後臭すぎる布団カバーとシーツを洗濯機にぶち込み臭すぎる部屋着と下着を洗濯機にぶち込み全裸で洗濯機を回しようやくシャワーを浴びる。土日のほとんどを寝て過ごしてようやく洗濯とシャワーを浴びるだけの体力と気力を得られる。地獄のような週末を何とか死なずに乗り切った自分へのご褒美にラーメン大(ビッグラーメン)を食べに行こうかとも思ったが酒と抗うつ剤で胃が焼けるように痛むのでやめ。富士そばに行ってそばを食べる。ここの富士そばは店員のおじさんとおばさんが仕事をしながら仲良さそうに話したりしているのでいいと思う。

ゴダールの新作映画を観るもポリティカルな要素が強すぎて訳が分からず成田空港の本屋で解説本を買って読んでようやく何となく分かった気になる。成田空港から電車で田舎の方へ走っていき自然豊かな村で下車。集落のようなところへ行くと音楽をやっている女の子たちが髭を生やした男性と楽しそうに話している。自分はそれをうらやましく思っているが気にしないそぶりでゴダールの解説本を読むも全く頭に入らない。

2017年3月5日日曜日

ブラック企業で働いていたころに戻っていて、会社に東南アジアの会社の社長さんが来客としてやってくる。何でもブラック企業の社長が集めている珍しい名刺コレクションの中からハリソン・フォードの名刺をもらい受けるために遠路はるばる来日したらしい。しかしブラック企業の社長は他の大きな仕事で忙しいため、この箱の中にハリソン・フォードの名刺が入っているから探して渡しておけと言い自分は必死こいて探すが全く見つからない。自分の机に挟んであったかもな?と思いデスク上のソフト下敷きの下を探したら「DJプレミア」と書かれた珍しい名刺があったので笑った。でもこれじゃない……。東南アジアから来た社長さんは怒って帰ってしまう。後を追いかけて東南アジア社長一家が食事をしている中華料理屋に入って謝罪するが、「こんな無礼を受けるのは初めてだ」と大激怒。その後はいくら謝ってもガン無視。うなだれて会社に戻るも怒られるのが嫌で社長には黙っておく。後でことの顛末が明らかになったときどうなるか考えてめちゃくちゃ憂鬱になる。テレビでアメリカの高速道路にワニが大量発生のニュース。車を走らせながら高速道路でワニ狩りをするのが大ブームとのこと。